鳥海山

東北で2番目に高い山、鳥海山(2236m)に登ってきました。

山形県酒田市から見た鳥海山

秋田富士、出羽富士とも言われる山で、修験や山岳信仰の場所らしいです。

景色が良いと評判なので今まで2回来たことがあるのですが、

2回とも曇っていて何も見えませんでした。

2015年
2018年

晴れ

今回は曇りでは無く、晴れている日に来れました!

実は引っ越しで近所(山形県酒田市)に住んでいまして、常に機会を伺っていました。

隙間に駐車

鉾立展望台の駐車場はすでに満車。さすが日本百名山です。

バイクでなかったら登山できずに帰るところでした。

入口にある地図

ルートを確認

登山道にある地図を見るとテンション上がりますよね。

未知の世界に行くみたいで!

7:30 登山開始

登山届をポストに入れて登山開始です。

「ゴミを捨てないで」と書いてある

三頭身のお坊さんの右隣が登山道です。

最初は整備された道が続きます。

日陰は少ない

登山道が良いせいか、大朝日岳の時よりも団体の登山者がなかり多くて、

常に誰かが周りにいる状況でした。

整備されているとはいえ雨上がりなので、ぬかるみもありました。

ぬかるみ

早速頂上が見えました。けっこう距離があるようです。

8:00 良い眺め

ずっと前からこの景色を見たいと思っていました。

山から見下ろす青い海と青い空、そして水平線。

空気が澄んでいる季節ならもっと綺麗でしょう。

この付近にはトンボが沢山いました。

風に乗っているのか、歩くのに並んで飛んでいます。

トンボは日陰には少なくて、日差しのある場所に多いです。

8:30 残雪

まだ雪が残っていました。

残雪

冬には相当な雪が降っているということですね。

チョウカイアザミを見られるのは鳥海山だけらしい

ニッコウキスゲ(黄色)、チョウカイアザミ(赤紫)、ハクサンボウフウ(白)といった

高山植物が沢山生えていました。

9:00 鳥海湖と御浜小屋

最初の休憩スポット「御浜小屋」が見えてきました。

御浜小屋

御浜小屋から下に鳥海湖が見えます。

鳥海湖

沢山の登山客が休んでいました。

ちなみにトイレは一杯になったらしく使えませんでした。

草原

休まずにそのまま進みます。

9:30 草原

草原だけど岩の道

でこぼこの草原を進みます。

小さな山が沢山ある感じで、アップダウンが続きます。

10:00 草原と岩

草原に散らばった岩

草原を進むと、岩場が増えてきました。

草のない岩場

草が生えない場所があるとは思わなかったです。

登ってみると山の印象は変わりますね。

10:30 山頂小屋が見える

山頂小屋まで一旦下り

左側に山頂小屋が見えてきました。

ここまで来ると草原では無く完全に岩場です。

雲海

右側は雲海です。絵に描いたような雲海。

雪渓

山頂小屋の手前、少しだけ雪渓を通ることに。

雪渓は初めてなのと、装備が無いので怖かったです。

一度滑るとそのまま下まで滑り続けます。

頂上まであと少し

無事に山頂小屋に到着しました。まだ頂上ではありません。

11:00 頂上までの岩場

山頂小屋から山頂までは急な岩場です。

道ではない

白い目印を頼りに山頂を目指します。

落ちたらヤバイ

登山というよりロッククライミングをしている気分でした。

目印があって良かった

岩の裂け目を通ります。どうやったらこんな地形ができるんでしょう。

岩の隙間

■11:15 山頂

山頂に到着しました。

頂上は狭い

雲が出てきたので地上は見えなかったです。

地上からは想像できない岩場

下山開始。

黒いのはトンボ

下りは目印が見えにくくて少し迷いました。

踏み外すとヤバイです。

慎重に下る

山頂小屋まで降りることができました。

一安心

登山客がかなり増えていました。

12:00 下山開始

トンボの大群が風に乗って移動していました。

トンボは人にぶつかってこない

どんどん下っていきます。

縦走
文殊岳
御田ヶ原
鳥海湖
御浜小屋を通過

下るにつれて気温が上がって暑くなってきました。

霧も出てきたようです。

駐車場が見えた

鉾立展望台が見えてきました。

14:40 下山

登山口に戻ってきました。

御地蔵さんの服が変わっています。

登山口は曇り

鉾立展望台にある食堂で昼食。

きつねそば

ビジターセンター

昼食の後、隣にある鉾立ビジターセンターに行きました。

ビジターセンター

植物や動物、岩石など、様々な資料が展示してあります。

剥製
植物

頂上付近で見かけた赤い岩がありました。

岩石

剥製や噴火の記録、珍しい動物の記事もあります。

2mある鳥

イヌワシの記事で初めて知ったのですが、日本に野ウサギがいるんですね。

鳥海ブルーライン

帰宅の途中、ひぐらしが鳴いている場所がありました。

酒田ではあまり聴かないので、聴き入ってしまいました。

最後に

鳥海山は、人が多くて安心して登れるオススメの山です。

登山で見かけた自然についてビジターセンターで学べるのも良いです。

今まで植物に興味は無かったのですが、

チョウカイアザミの禍々しい姿が新鮮で好きになりました。

機会があれば、空気が澄んだ季節にもまた来たいです。

次の記事

大鳥池とタキタロウ館