月山

山形市から北西方面に見える山、月山(がっさん)に登ってきました。

豪雪地帯、夏スキー、山岳信仰、日本百名山など、いろいろと有名な山です。
頂上にある月山神社本宮に入れるのは、開山期間(2019年:7月1日~9月15日)だけです。

■7:00 起床

天気を確認。
雨のようですが今日を逃すと本宮に入るチャンスがないので、行くことにしました。

■9:30 姥沢駐車場

駐車場に到着。

駐車場の近くには宿屋がいくつかありました。

登山道や施設が分かる親切な看板。

月山環境美化協力金として200円を支払いました。
その後、リフト乗り場で登山届を提出。
今回は金欠のためリフトを使わず歩いて登ります。

熊出没注意。熊よけの鈴を装備します。

■10:00 登山開始

屈みながら森の中を進みます。

■10:20 草原

森を抜けると草原になりました。

たまに小川が流れています。

■10:35 合流地点

登山道の合流地点。
左が今まで登ってきた道です。
右に行くとリフト乗り場の終点になります。

団体と遭遇。
朝日岳より登山客がかなり多い印象です。
月山は人気ですね。

■11:10 鍛冶稲荷神社

しばらく岩場を登ると、稲荷神社がありました。

月山の僧達のために鍛刀していたと伝えられています。

http://ppc.yamagata-npo.jp/usr/nishikawa1/nisikawasekihisekibutusiryou/page/A1537.html

■11:15 月山頂上小屋

頂上小屋が見えてきました。

1984m。

昼食には早いので、先に進みます。
トイレは100円です。

■11:20 月山神社本宮

目的地に到着しました。

月読命を祭っています。お祓料は500円です。

内部は撮影禁止です。

本宮から出て周りを探索しました。
霧が濃くて風が強いので景観はないです。

■11:45 昼食

頂上小屋で昼食。
休憩料は200円です。

小屋の内部は食堂のようになっています。
やまがた百名山の一覧や写真などもありました。

■12:35 帰路

目標を達成したので帰ります。
合流地点を左に進みます。

標高が下がるにつれて霧が晴れてきました。

草原を抜けて森へ。

■13:20 姥沢小屋裏

登山口に戻ってきました。

天気が心配でしたが、無事に帰ってこれて良かったです。
月山は木道が長くて歩きやいですね。
人気があるのも分かる気がします。

前の記事

大朝日岳

次の記事

Project VS