大朝日岳

VSポケモン用ダメージ計算アプリのAndroid版がリリースされた記念に登山をしてきました。
山形の南にある朝日連峰の主峰、大朝日岳を目指します。

下の写真は、去年登山口まで行った時に撮ったものです。
いつかこの山に登りたいと思いました。

朝日鉱泉から見た大朝日岳

◼ 4:00 起床

前日と前々日にも早起きの訓練していたので、すんなり起きられました。
さっそく山の天気を確認します。

大朝日岳の天気

山頂に到着するタイミングで曇りそうです。
とはいえ今日を逃すと雨が降るようなので、行くことにしました。

◼ 6:30 登山口

登山口の古寺鉱泉に到着。
バイクを止めてからしばらくの間、黒い虫(アブ?)が周りを飛んでいて怖かったです。

古寺鉱泉

宿泊施設の隣から登山開始です。

古寺鉱泉

■ 8:00 景色が良くなる

ひたすら森の中を登り続けること1時間半、空が見えてきました。
ここから稜線(山の高い場所を結ぶ道)が始まります。

大朝日岳森

この辺からトンボの数が多くなってきました。
日が当たる場所に多いようです。
あと、常に周りをブンブン飛んでいる虫(アブ?)がいました。

大朝日岳縦走

古寺山で少し休憩。
他の人がいる山は安心できます。
誰もいないと何かあった時に怖いですから。

古寺山

■9:00 大朝日岳のY字雪渓

目的地の大朝日岳が見えてきました。
8月なのに、まだ雪が残っています。
風が涼しくなってきました。

大朝日岳のY字

稜線を進んでいきます。

大朝日岳縦走

銀玉水(ぎんぎょくすい)という湧き水で水分を補給しました。

大朝日岳の銀玉水

■ 9:30 大朝日岳へ

稜線を歩き続け、いよいよ大朝日岳にたどり着きました。
石の階段を登っていきます。

大朝日岳縦走

避難小屋が見えてきました。

大朝日岳避難小屋

避難小屋は、別の登山ルートとの合流地点でもあります

大朝日岳避難小屋

■ 10:00 大朝日岳山頂

山頂に到着しました。
昼ごはんを食べながら、霧が晴れるのを待ちます。

大朝日岳山頂

しばらくすると、晴れてきました!

大朝日岳山頂

■ 10:30 下山開始

帰りに避難小屋のトイレを使わせていただきました。

大朝日岳避難小屋

維持管理のための100円を投入。

大朝日岳避難小屋

帰りもいい景色です。

大朝日岳縦走

森に入ると、虫が少なくなってきました。

大朝日岳森

■ 14:00

無事、登山口に戻ってきました。

古寺鉱泉

足がガタガタです。
あと、水が尽きかけています。
自販機を探すため直ぐに出発しました。

■ 感想

素晴らしい景色を見ることができて大満足です。
限られた時間とお金で成し遂げた、思い出に残る登山になりました。

暑くて虫が多かったので、次からはもっと涼しい季節に行こうと思います。

次の記事

月山